人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分類することができますが、この中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどがうつって炎症が発症したり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼びます。
自転車事故や高い所からの落下など、非常に強い外力が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が発生してしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、更には内臓が負傷することもよくあります。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや体を動かすことは無論、心身の健康や美を目的とし、補助として複数のサプリメントを服用する行為がおかしくなくなっているということです。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙・アルコール類・隠れ肥満などの生活習慣が変化したこと、ストレス等に縁って、近年日本人に多く発症している病気だということができます。
触れあいなどで、患者さんがセラピーキャットのことを可愛いと感じることで「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスを軽くしたりヒーリングなどに結びついているのです。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引する人体に害のある物質を体の内側で解毒し、肝臓のパワーを促す性質が明らかになっています。
軽い捻挫だろうと決めつけてしまい、湿布をして包帯やテーピングで固定し、様子をみるよりも、応急処置が終わったらすかさず整形外科の医師に診てもらうことが、快癒への近道になるでしょう。
常識的に水虫といえばまず足を想像し、ことさら足の裏や指の間に現れる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌が感染する部位は足だけということはなく、体の様々な部位にうつってしまう恐れがあります。
常在細菌であるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けることができます。
体脂肪量にはさして変化がみられず、体重だけが食事や排尿等で一時的に増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上昇します。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体のなかの脂肪の溜まっている率であって、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(キロ)×100」というシンプルな計算式で把握できます。
花粉症というのは、森林のスギや檜、蓬などの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を生ずる病気なのです。
スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのために睡眠不足の状態になり、次の日目覚めてからの活動に思わしくないダメージを及ぼすかもしれません。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、皮膚にとって悪い影響をもたらしています。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人体をガンから護る役割をする物質を分泌するための鋳型のような遺伝子の異常が原因で起こってしまう病気だというのは周知の事実です。

ひろみ