ポリフェノールで最も有名な特徴はL-アスコルビン酸や脂溶性であるビタミンEなどとは異なっており、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ作用に優れているのです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も症例の多い中耳炎で小さな子どもに発症しやすい病気です。激しい耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの耳の症状が出現します。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ後追い調査のデータからは、体の大きな成人に比べて体の小さな子供のほうが風に流されてきた放射能のダメージをより受容しやすいことが分かります。
塩分や脂肪分の大量摂取は控えて軽い運動に尽力するだけでなく、ストレスのかかり過ぎない生活を続けることが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐ方法だといえます。
音楽会やライブなどの開催されるスペースやダンスを踊るためのフロアなどに設けられているとても大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「ロック外傷」と言っています。
日本における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に従う形で実施されてきましたが、56年後の平成19年からは多くの感染症と同様に「感染症法」という名称の法律に沿って行われることになったのです。
アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす非常に重要な職務の一つなのです。
基礎代謝量(kcal)というのは目が覚めている状態で命を維持する(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の維持等)のに要るミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。
体を撫でることなどで、入居者さんがセラピーアニマルのことを可愛いと思った場合に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や癒しなどに結びつきます。
BMI(体重指数を求める式はどの国でも同じですが、BMI値の評価は国家によって違っていて、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22が標準、25以上だと肥満、18.5未満は低体重と定義しているのです。
H17年2月から新しく全ての特定保健用食品のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の言葉のプリントが義務となっている。
基礎代謝(BM)とは人間が動かなくても燃焼してしまうエネルギー量のことで、5割以上を身体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3種類が占めるということをご存知ですか?
鍼を刺してもらう、というフィジカルな複数の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと称される要するに電気信号伝達を発起させるという考えが浸透しています。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、アミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーを活用するために必要となる回路へ導入するためになお一層細分化するのを促進するという動きもあるのです。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、不快な二日酔いに極めて有効です。ゆううつな二日酔いの元凶物質と考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化にも力を発揮しています。

ひろみ