男性だけにある前立腺は活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても密接に関係していて、前立腺にできてしまったがんも同じく、アンドロゲンの影響で成長してしまうのです。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を落としたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓のパワーを促すような働きが分かっているのです。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が誘因で発病する湿疹で、皮脂分泌が乱れる素因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やビタミンB群の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月より厚労省が接種を推奨する定期接種となるので、病院などで注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種に変わります。
お酒に含まれるアルコールやお薬、色々な食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の担う大事な仕事のひとつだと言えるでしょう。
肥満(obesity)は勿論摂取する食物の内容や運動不足が素因ですが、ボリュームの変わらない食事であれ、大慌てで食べ終わる早食いをすることにより肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在するクッションのような役割を担っている椎間板(ツイカンバン)というやわらかい組織が突き出た症状を表しているのです。
チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果からは、大人よりも体の小さい子供のほうが拡散した放射能の良くない影響を一段と受けやすいことが理解できます。
突然発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染によるものの場合は壮絶な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが違いだといえます。
杉の木の花粉が飛散する時節に、幼い子どもが体温は普通なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止まらないような症状に当てはまったら、その子は『スギ花粉症』かもしれないのです。
エネルギーの源としてすぐに機能する糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、無理な痩身ではこの2種類に代表される活動をキープするために外すことができない栄養までもを乏しい状態にしている。
結核をもたらす結核菌は、菌を保有している人が咳き込むことによって外気や内気に散布され、空中にふわふわ流れているのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染していきます。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が満了した約4週間後には、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるという医薬品もあるほど、ジェネリック(後発医薬品)は各国で親しまれているという現実があります。
メタボリック症候群であるとは診断されていなくても、内臓脂肪が多めに付く性質の体重過多になってしまうということで、命にかかわるような生活習慣病を起こす可能性が高まります。
手ごわいインフルエンザに対応する予防法や医師による治療を含めた必須とされる措置は、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでも同じです。

ひろみ