耳鳴りには種類があり、当事者しか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンを利用したりすると聞くことができるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。
現在の病院の手術室には、御手洗いや器械室、手術準備室を設置し、手術中に患者を撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ近辺にX線用の専門室を付属させるのが慣例だ。
コンサートやライブなどの開催されるスペースや踊るためのクラブハウスなどに設置された非常に大きなスピーカーの真横で大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言っています。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、普通、人をガンから保護する役目を担う物質を生産するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合により罹患すると言われています。
吐血と喀血はいずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血とは喉から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器)からの出血のことで、吐血というのは十二指腸よりも上部にある消化管から出血する状態を指しているのです。
ハーバード大学医学部の調査によれば、毎日2杯以上はカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、なんと直腸癌の発症する確率を半分以上も減少させることができたそうだ。
高熱が特徴のインフルエンザに対応している予防法や医師による治療等必然的な措置というものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでもほとんど同じです。
鍼灸用のハリを体に刺してもらう、というフィジカルな程よい幾多の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われている電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと言われているようです。
緊張性頭痛というものは仕事や勉強などでの肩こり、首筋の凝りが要因の肩こり頭痛で、「ギューっと締め付けられるような頭痛」「ズシッと重苦しいような鈍い痛み」と表現されています。
めまいが出ず、不快な耳鳴りと難聴の症状だけを数回発症するケースを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で呼ぶことも多いようです。
基礎代謝(BM)とは人間が動かずにじっとしていても使用してしまう熱量のことですが、その5割以上を様々な骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で使うのです。
「とにかく多忙だ」「気を遣ういろんな付き合いがとても嫌だ」「あらゆる先端技術や情報の進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい誘因はみんな違います。
パソコンモニターの光のチラつきを低減させる眼鏡がいま最も人気を集める理由は、疲れ目の低減にたくさんの人が苦労しているからだと言えるでしょう。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人の身体の中の脂肪が占める度合いのことであって、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式で分かります。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬という病名で、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などの場所に何らかの理由でうつってしまい、寄生してしまう感染症であり俗に言う水虫です。

ひろみ